音楽史トライアル(中世・ルネッサンス)

フランスのアルス・ノーヴァ

ギョーム・ド・マショーは1300年頃にフランスのシャンパーニュ地方に生まれた。聖職者としての教育を受け、ボヘミア王リュクサンブールに秘書として仕えた後にフランス各地の宮廷で音楽家として活躍し、最後はランス大聖堂の参事会員を務めて1377年に没した。

4声のミサ曲は、ミサの全体に作曲した最初の作品として重要だ。また、モテトやバラード、ロンドなどのシャンソン・バラデなどを作曲した。

マショーはモテトで一つのリズム型と一つの旋律が、テーノル声部に何度も繰り返される技法を用いた。これをという。

to page top