音楽史トライアル(中世・ルネッサンス)

聖歌の発展

8世紀から9世紀にかけてヨーロッパ各地の修道院で単旋聖歌が発展していった。その中でもスイスのは音楽史において重要な役割を果たした。

ここで活躍した修道僧トゥオティロ(915年没)は、数多くのを作曲した。

また、同修道院のノトカー・バルブルスらによって発展したのがラテン語で続唱を意味する聖歌のである。

to page top