音楽史トライアル(中世・ルネッサンス)

宗教改革の音楽

ルネサンス期は宗教改革の時代である。ローマ・カトリック教会に対してイギリスの英国国教会やルターによるプロテスタント教会、カルヴァンによるカルヴァン派などが起こった。中でもルターは礼拝に音楽を積極的に取り入れたことで知られ、礼拝に参加した会衆が歌う聖歌を重視した。これは基本的にで歌われる。コラールの作曲者としてはルター自身の他に、1524年に《ヴィッテンベルク賛美歌集》を出版したらがいる。

to page top