音楽史トライアル(中世・ルネッサンス)

イタリアの14世紀の音楽

14世紀のイタリアにおける音楽の主な中心地はボローニャやフィレンツェだった。

当時、イタリア語による世俗的な歌曲には以下の3種類がある。

2声のは田園的で牧歌的で風刺的ないし恋愛をテーマにした詩を持ち、数節の3行句に2行句が続くというもの。

は2声によるイタリア語の「狩り」意味する楽曲で、テキストは「狩り」や市場の様子、火事、戦闘の場面などを主題にし、対等の価値をもった2つの声部がカノン風に歌われる。

また、はイタリア語の「舞踊」に由来する、舞踊歌から発展した歌曲である。

to page top