音楽史トライアル(ロマン派)

チェコのオペラ

1862年にチェコのプラハで国民劇場が建設されることが決まり、スメタナやドヴォルザークはこの劇場のために、チェコ語のオペラを作曲した。そのなかでは、スメタナの第2作目のオペラであるや、水の精の悲恋を描いたドヴォルザークのがとくに有名である。1904年にブルノで初演されたヤナーチェクのオペラも、もともとはこのプラハの国民劇場で上演されることをめざして作られた。作曲者の念願通りプラハで上演されたのは、初演から12年たった1916年のことであった。

to page top