音楽史トライアル(古典派)

グルック

クリストフ・ヴィリバルト・グルックはオーストリアの森林管理官の息子として生まれた。

プラハやイタリアで主にウィーンやパリでオペラ作曲家として活躍し、序曲を物語全体の雰囲気により一層密接に関連づけたり、歌手たちの過度に名人芸的なを取り去ってリブレット(台本)の言葉のニュアンスに合った音楽を心がけるなど、それまでとは違うオペラを提唱した。

これを、グルックのオペラといい、その代表的な作品にがある。

to page top