音楽史トライアル(近代)

20世紀スペインの音楽

近代スペインの民族主義音楽は19世紀末から20世紀前半にかけて、アルベニス、グラナドス、ファリャらによって興(おこ)った。

アルベニスはロンドンやパリで暮らすうちにスペイン独自の民族的音楽への愛着が芽生え、その確立を目指した。代表作にがある。

グラナドスは 《ゴイェスカス》 やなど民族主義とロマン主義の両面を併せ持つ名作を書き、ファリャはバレエ音楽の 《三角帽子》 やが有名だ。