楽典解説 > 教会旋法(きょうかいせんぽう)  p.3

新たに追加された4つの旋法(16世紀)

16世紀のスイスの理論家、グラレアヌスは La 、及び Do を終止音とする音楽がすでに存在することを示し、それらの旋法の導入を提唱しました。結果として以下の4つが加えられ、計12の旋法となりました。

名称

 La を終止音とする正格旋法

 第9旋法

 エオリア旋法

 La を終止音とする変格旋法

 第10旋法

 ヒポエオリア旋法

 Do を終止音とする正格旋法

 第11旋法

 イオニア旋法

 Do を終止音とする変格旋法

 第12旋法

 ヒポイオニア旋法

以下に正格旋法の例を示します。

エオリア旋法

終止音

--

--

--

dom

--

--

終止音

※ 短調の自然短音階と同じで、これが短調へと発展しました。

イオニア旋法

終止音

--

--

--

dom

--

--

終止音

※ 長音階と同じで、これが長調へと発展しました。

to page top